冨樫義博『幽遊白書』

一日使って読んだ。

幽遊白書 全19巻セット (ジャンプ コミックス)

幽遊白書 全19巻セット (ジャンプ コミックス)

 

 『ハンター×ハンター』、『レベルE』と読んでいって初めて『幽遊白書』を読んだ。親戚の家に行くと置いてあって存在自体は確認していたが、暑苦しい学ラン不良モノが苦手で当時は作画も野暮ったく見えたので敬遠していた。それがいままで読まなかった理由。だけど最近昔の富樫作品読みたい欲が高まり、その流れで読んだのであった。

ミーハーらしいところかもしれないが、やはりたぬきの恩返し回が好きだ。普通に泣いた。能力バトル感強まってくるところはあまり好きではなく、魔界編のトーナメントあたりで能力インフレのスパイラルから抜け出したところに好感を抱いた。絵も暑苦しくて好みではないけど、風景なしでキャラだけが細い線で描かれているところが好き。彼の描く臓器は美しい。繊細に太い直線とカーブを描くときにちぎれそうになるいとおしさ。「手抜き」という人はいるかもしれないが、そこに彼の絵の魅力があるように思う。私が蟻編の絵をこよなく愛しているのはそのためであろう。

あ、『幽遊白書』で好きなキャラは幻海です。